矯正装置の種類

矯正装置の種類についてご説明

まずはしっかりとご説明させていただきます

情報収集が簡単にできるようになってきた反面、矯正装置について間違った認識、使い方をされていらっしゃる方もいます。
ブラケット装置に関してもお母さん・お父さんの世代に比べるとだいぶ目立たなくなってきています。
初診のカウンセリングにて、症状やそれに合わせた矯正装置についてしっかりとご説明させていただき、ご納得されたうえで矯正治療を進めさせていただきます。

床矯正

成長期に顎を広げるための取り外し式装置です。
ただ広げるだけでなく、いろいろな方向に成長を促して、歯列を整えるための土台作りが可能です。ただし、歯1本1本の位置を動かす治療ではないため、スペースを作ることはできても、噛み合わせの調整まではできません。そのため、床矯正が終わった後は、別の治療で歯並び自体を整えていくことになります。

ワイヤー矯正

矯正治療で最も多く使われている装置です。
ブラケットと呼ばれる装置を1つ1つの歯に装着し、ワイヤーを使って歯並びを改善します。全ての乳歯が抜けて、永久歯に生え代わってから行うのが一般的ですが、小児でも部分的にこの装置を着けて歯並びを整えることがあります。
目立つのが嫌だというお子さんには、ガラスのように透明な装置(ブラケット)や白いワイヤーなどを使用することで、目立たないように治療することも可能となりました。

マウスピース矯正

透明なマウスピースを使った矯正治療「インビザライン」も取り扱っています。全ての永久歯が生え揃ってから使用する装置です。マウスピースを装着することで歯に力がかかり、歯並びを改善していきます。

取り外し式の装置と固定式の装置

矯正装置には、取り外し式のものと、固定式のものがあります。固定式であれば口の中に入れっぱなしなため面倒でなく、絶えず歯に力がかかるため、治療成果も上がりやすいという特徴があります。ただし、場合によっては歯磨きがしづらく、さらにガムなど、装置に絡みやすいものは食べられません。

ムーシールド

低年齢(3~5歳)の乳歯反対咬合に使用する装置で、「ムーシールド」という矯正装置をお口の中に装着するだけの、とても簡単な治療です。
通常、数ヶ月から半年で反対咬合が改善されます。

Kids矯正 クリスタル矯正歯科 監修 tel:0587-37-8811
Kids矯正 クリスタル矯正歯科 監修 tel:0587-37-8811