スタッフブログ

2015.01.30更新

みなさん、こんにちは。
衛生士の稲家です。

待合室に新しいインテリアが増えましたhappy01





何か分かりますか?
加湿器ですshine
アロマ加湿器なので香りも楽しめますheart01

「加湿器」と言っても、色々種類があることをご存じですか?
flair超音波式
flair気化式
flairスチーム式
flairハイブリッド式
それぞれに特徴があるようです。

超音波式
水に超音波をあて微粒子化しファンで送り出す。
霧吹きを使い加湿するイメージです。
ミストが見えるので「加湿してるっsign01」ていう気になりますね。
デザインが豊富で小さいものや、おしゃれな物もあります。
当院に新しく入った加湿器もこのタイプです。

気化式
水を含んだフィルターにファンで水を送り気化させる方式。
室内で洗濯物を乾かす方法が近いイメージです。

スチーム式
ヒーターで水を加熱し沸騰させて蒸気にかえる。
やかんでお湯をわかすのと同じ原理ですね。
白い蒸気が出て、短時間で湿度が上がります。

ハイブリッド式
気化式とスチーム式の利点を持ち、呼応率のよい運転が可能。
水分を含んだフィルタに「温風」や「送風」をあてて加湿を一定に保つ。

お手入れの方法や、電気代などがそれぞれ違っており
自分に合った加湿器を見つけられるといいですよね。

現在流行中のインフルエンザも、湿度を40%以上に保つ事が
重要だと言われています。
みなさんも、室内の湿度管理を注意してみてくださいねconfident

投稿者: クリスタル矯正歯科クリニック

2015.01.16更新


みなさんこんにちはhappy01   衛生士の倉内です。
今日は、学童期(6-12歳)の歯のケアについてお話しようと思いますchick

学童期は、乳歯から永久歯へと生え変わる時期です。
虫歯になりやすい条件が重なる時期でもあり、大人のチェックが欠かせません。
毎日の歯磨き、食事や生活習慣などをしっかり見守ることが大切です。

生え変わりの時期は虫歯になりやすいので要注意danger
乳歯と永久歯が混在していると、磨きにくい場所ができてしまい、虫歯のリスクが増大します。

乳歯の虫歯が永久歯に影響  
乳歯が虫歯になったということは、虫歯になるような食生活をしていることになります。また、口の中にはすでにミュータンス菌(虫歯菌)がすんでいる状態です。当然永久歯にとってもよくありません。


flairケアのポイントflair
【おやつの食べ方】
  おやつは食べ方に気を付けることで、虫歯のリスクを下げることができます。

 
  ・食べる時間を決める(だらだら食べ防止)
  
  ・甘いおやつの時は飲み物をお茶か水に
  ・おやつのあとも忘れず磨く
   
  ※磨けない場合は、せめてお口をゆすぐようにしましょう

 
 
【6歳臼歯の手入れ】
  一番奥に、最初に生えてくる永久歯です。
  かむ力が最も強く、永久歯のかみあわせの軸になる大切な歯です。
  生えきるまでに時間がかかり、その間歯ブラシが届きにくいことなどから、
  最も虫歯になりやすい歯でもあります。
  歯ブラシは、横から入れて、一本だけを磨くと良いでしょう。

これらに注意して、生涯虫歯のない健康な歯を保てるといいですね!happy01shine
 

投稿者: クリスタル矯正歯科クリニック

Kids矯正 クリスタル矯正歯科 監修 tel:0587-37-8811
Kids矯正 クリスタル矯正歯科 監修 tel:0587-37-8811